メインイメージ画像

セクキャバの求人を探そう!

女の裸よりも、日常の女性の姿を見てボッキするのかあ。でも、そんなことでボッキばかりしていたら日常で困るだろう?風俗ライターHさん(男性推定30代半ば)のお話。2年前に所属してた風俗嬢がどうしても忘れられないんですそのセクキャバの求人に応募していたが何故かデリで働く事になったデリヘル嬢に会ったのは、費用をすべて出版社持ちの取材でした。ハズレでも、ぜんぜん自分の懐が痛まないからチャレンジできたんですよ。やはり自腹だと、お金を払った以上の体験をしたいために、平均的な容姿の女のコを、つい選びがちですが、懐が温かいと人間、余裕が出るものでちょっと冒険に出てみたくなるものです。

京都に出張で行った時に携帯電話サイトの口コミから「SEX怪物級」という、もの凄く迫力のありそうな紹介をされていたデリへル嬢をチョイスしたんです。他のお客も「モンスターフェラ」とか「鬼形相アエギ」とか、もの凄そうなお嬢が紹介されていたデリへルでした。早速、電話しました。男性店員から、いますぐなら「SEX怪物級」のコが入れます、というので「鬼形相アエギ」も捨てがたかったのですが、男性店員に勧められるままに怪物を指名しました(笑)。ホテルに入り、部屋番号を事務所に告げると、20分ぐらいして部屋をノックする音。

開けてみれば、広告に偽りなし!身長180センチ前後、体重80キロ以上、肩幅が広くてがっしりした30代前半。なんと柔道の有段者であるEさんが現れました。ちょっと感動さえしましたね

更新情報